ニキビ跡の化粧水は原因から選ぶ

ニキビ跡には下記の3種類があり、それぞれケアの方法が異なります。まずは自分がどれに当てはまるのかを確認した上で、ニキビ跡を治すために必要な化粧品を探しましょう。

赤ニキビが治っても、赤みが引かないニキビ跡・・・赤みタイプ
炎症性色素沈着で、シミが残ったニキビ跡・・・シミタイプ
ニキビが悪化しすぎ、凹んでしまったニキビ跡・・・クレータータイプ

ニキビ跡にオススメのニキビ化粧品

商品商品詳細
第1位:リプロスキン

お試し価格:4,242円
内容量:1ヶ月分
ニキビ予防抗炎症成分低刺激
男女ともに使える、シミや色素沈着にオススメのニキビ跡化粧水。メラニン色素を調整し、シミの減少効果が期待できるダーマホワイトが配合されており、その他にも抗炎症成分や保湿成分など、ニキビ肌脱却に必要な成分がバランス良く配合されている化粧水です。

 リプロスキンの詳しい内容/購入はこちら

第2位:プリモディーネ

お試し価格:1,080円
内容量:3日分
ニキビ予防抗炎症成分低刺激
通常のビタミンC誘導体と比べて100倍の浸透力を誇るAPPSを配合。赤みやシミのニキビ跡に有効なビタミンC誘導体が配合されているニキビ跡化粧水。ニキビはほとんどなくなったが、ニキビ跡が残ってしまった方にオススメの化粧水です。

 プリモディーネの詳しい内容/購入はこちら

第3位:オルビス

お試し価格:1,260円
内容量:3週間分
ニキビ予防抗炎症成分低刺激
洗顔料・化粧水・保湿液の3点セットのニキビ化粧品。オルビスのニキビ化粧品は「ストレス」「保湿」「漢方」の3点をテーマに作られていおり、大人ニキビが治らない人にオススメです。

 オルビスの詳しい内容/購入はこちら

イチオシはリプロスキン

リプロスキンは、ニキビ跡の色素沈着やシミに効果が期待できるダーマホワイトが配合されています。ダーマホワイトはメラニン色素を調整し、シミの減少効果が確認されており、美白化粧品としても有効です。

しかし、リプロスキンを勧める理由はそれだけではありません。リプロスキンには、アロエエキスやゼニアオイエキス、レシチン、ホメオシールドなど、ダーマホワイト以外の成分も非常に優秀です。これらの成分が、今あるニキビの炎症を抑え、肌を乾燥させないように潤いを保つことで新たなニキビを予防するのです。

ニキビ跡の改善だけでなく、ニキビ予防やニキビ改善効果も見込めるリプロスキンが当サイトのイチオシです。



私は肌が白い方なので、ニキビができるとすぐに目立ちます。しかも頬や鼻など目立つ場所に赤い炎症ニキビができます。少しでも目立たないようにファンデーションを厚く塗ったり、少しでも早く治りますようにと化粧水を普段以上に使用したりしていました。しかし、それはニキビを隠したいという自分の願望によるもので、自分の肌にとっては良くない行いでした。そのことを私が納得できる内容で指摘してくださった方がいました。その方とは美容に関する研修に参加したことで出会いました。エステとクリニックが併設されたメディカル美容クリニックで働いている方で、基本が分かっていない私にとても丁寧にニキビができる原因、改善に向かいにくくなっている原因を教えてくれました。そもそもニキビはストレスやホルモンバランスの崩れ、不規則な生活、間違ったスキンケアにより生まれます。生じたニキビをファンデーションにより隠そうとするとどうなるでしょうか?さらに肌を傷つけニキビを助長させてしまいます。生じたニキビを治そうと躍起になって化粧水を使用することはどうでしょうか?ほとんど無駄な努力です。いくら浸透すると書かれてある化粧水でも、テレビや雑誌に記載されている言葉をよく読んでみるとそこには「角質層まで」と注意書きが書かれています。つまり、傷ついている箇所には浸透していないのです。このことを知った私は愕然としました。肌に対して無頓着な頃はニキビをつぶしたら治りが早いだろうと思い込み、それはでは余計に肌を傷つけてしまうからと化粧水をより多く使用して余計な薬を使うことなく早く治るだろうと、また思い込んでいたのです。(余計な薬というのは、皮膚科等で処方される外用薬のことです。美容を専門にしていない病院は平気で抗生剤を処方します。)私が出会った方は、取り扱っている商品を勧めることもできるが、日々のスキンケアを改善することで肌を現状より良くする、または現状を維持することができるとおっしゃっていました。私が印象に残っていることは、クレンジングと洗顔です。第1に、「お風呂場でクレンジング、洗顔を行わないこと」第2に、「お風呂上りから5~10分後にクレンジング、洗顔をおこなうこと」第3に、「化粧をしていない日もクレンジングを行うこと」第4に、「優しく、ゆっくりと指の腹を使用してあらってあげること」以上の4点です。お風呂場でゴシゴシと顔を洗っていた私は間違っていました。肌は毎日何らかの汚れをあびています。そのため、その日あびた汚れをお疲れ様と優しくキレイに落としてあげることは肌にとってとても大切なことです。汚れがなければ肌を傷つけることはありませんし、肌が傷つかなければニキビが頻繁にできるということはなくなります。何事も基本が大事というのは肌にも表れています。もし、肌荒れを気にしているけれども、予算上あまり高い化粧品を買うことができないといった方がいれば、まずは肌の汚れ落としの方法を見直してみてはいかがでしょうか。肌質により個人差はあると思いますが、少なからず私の肌は見直したことで少し強くなってくれたように感じています。